ローンで何する?

> アパートローンの借り換え

アパートローンの借り換え

アパート経営に当たり、最初に建築したアパートの建築業者等の
提携ローンを使ってアパートローンを契約した方も多いでしょう。

しかし、その金利や契約内容を見ると、保証料が高かったり、
金利が高かったりすることが少なくありません。
このようなことがわかったら、借り換えの検討をすることで、
アパート経営を良好に進めることができます。

ローンの借り換えを検討してみる

最近の銀行は借り換え需要を狙ってキャンペーンを実施しています。
住宅ローン同様に借り換えの場合にも、新規の貸付と同様に
魅力的な低金利を提示している場合が少なくありません。

もっとも、住宅ローンのように大々的に宣伝しているわけではありませんし、
金利自体も住宅ローンよりは高いことが普通です。
しかし、アパートローンは往々にしてその融資金額が多額であり、
ちょっとした金利の差が大きな返済金額の差となって跳ね返ってくることが多いのです。
アパート経営も立派な事業です。オーナーさんの金利に対する気遣いひとつで、
経営実績の上昇につながります。

アパートローンはどこの銀行でもやっていますが、その取り組みには差があります。
しかし、積極的にアパートローンを推進している銀行はキャンペーンも実施していますし、
それに合わせた低金利も提示しています。

ただし、借り換えであるため担保となるアパート自体は古くなっていますので、
担保価値は低く評価され、借入限度額が思ったより低くなっている可能性は否定できません。

金利差でメリットがあると思った銀行が見つかったら、一度相談してみることをお勧めします。