ローンで何する?

> 頭金とローンで車を買う

頭金とローンで車を買う

車を買うときの手段としてローンは一般的になってきていますね。
フリーローンからカーローンまで幅広いですし、新車を買ってその2年後くらいに下取りをする契約で安く新しい車に乗り換えられるなど、車業界のしくみは目を見張るものがあります。
ローンも成熟した業界ですので、車とローンだからこそなせる技なのかもしれません。
車に対してローンをして買うのか貯金をして買うのかなど方法はいくつかありますが
実際にどっちが得なのか私の雑感ですが考えてみたいと思います。

環境によってなのかと思う

当たり前といわれそうですが、それは環境によってなのかと思います。
金銭的な事情はさておき、地域的な環境の話です。
東京などの都心であれば交通の便が優れているので車がなくても生活ができる
東京は反面物価が高くランニングを考えると、駐車場だけで3万円はしますので
そういった意味では相対的に車を買うに至るまで決断を下せない人が多い気がします。
金銭的な面で言うと、駐車場代3万円プラスローンですから実際問題ローン3万円を
組めば車買えちゃうよねという話もあったりで東京人はそういった意味では車を
持つ環境に恵まれてはいないのかもしれません。私の勝手な結論ですが東京の人は
ローンを極力組まないほうがいいのかな?なんて思ったりします。

逆に地方の方ですが、車がないと生活ができない。移動ができない。
外食するにしても車がないと目的地にいけないということがあるでしょう。
駐車場代も安く済む。経済的な面を考えてもそのままローン代を考えることができるので
ローンを組んで生活を豊かにするほうがいいのではないかと思います。

キャッシングなどの影響もある

車購入の為のローン、いわゆるマイカーローンは、
住宅ローンと並んで利用者の多いローンだといえます。
それだけ高い買い物であることに加え、わが国の経済を支える大きな分野でもあることから、
自動車業界、不動産業界ともに、ローンという形での購入体制を古くから整えています。

ここ数年前の貸金業法の改正に伴い、総量規制が導入されたことから、
これらの自動車ローン、住宅ローンを取り巻く環境にも少なからず変化があります。
というのは、例えばキャッシングなどで多くの借入をしている場合には、
自動車ローン、住宅ローンの審査が通りにくくなっているという点です。
今後、これらのローンをお考えの場合には、あまり多くの借入をしていないほうが、
望ましいことは覚えておきましょう。

なんだか意味がわからなくなってきましたね。。。

車は生活の一部ですが、環境によって必要性がだいぶ変わると思います。
便利ですのであるほうがいいにきまっていますが、一応このサイトはローンで何をするか?というテーマなのでローンで車を買った後のことを管えてみた次第です。
もちろん決めるのはその人次第なのですが、みなさんはどうおもわれますか?