ソーラーローン制度

> 銀行などで受けられるソーラーローン制度について

銀行などで受けられるソーラーローン制度について

ソーラーローンは、太陽光発電の導入に対して利用できるローン商品で、
設置工事に膨大な初期費用を必要とする太陽光発電システムの欠点を補う目的で用いられます。
主に取り扱っている場所は銀行や地方の信用金庫などで、
太陽光発電システムの導入を条件として通常の銀行系フリーローンより
低い金利で提供される融資であるのが特徴です。

ソーラーローンの融資期間は5年から15年程度

ソーラーローンの融資期間は最短5年から最長で15年程度と長く、
金利は3%前後に設定されている場合がほとんどです。
よって、ソーラーローンは長期的な返済を想定した設計から売電との相性が良く、
発電で生じた過剰電力を売った利益で返済時の負担を最小限に抑えられる
ような工夫が施されています。

年間発電量と売電利益を考慮しておく必要がある

ソーラーローンを検討する際には、期待できる年間発電量と売電による
利益を考慮しておき、利息を上乗せして返済した場合でも
総合的に得をできるかを判断しておく必要があります。
太陽光発電システムは、十数年単位で使用すると機器のメンテナンスなどの
必要性が出てくる他、気候や日照時間の関係上から地域によって
発電量に大きな差が発生します。

一般知識として太陽光発電システムの導入では、
売電の利益と日常的な電気代削減が主なメリットとなってくるので、
ソーラーローンの契約を行う事で結果として損をしてしまう状況は
避けるように考えておくのが重要です。
また、返済を計画的に行う為にも、完済できるおおよその時期は
事前に把握しておくべき要素と言えます。